スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のごあいさつ

2013年もあとわずかとなりました。みなさま如何お過ごしでしょうか。この季節になると時のたつ早さをつくづくと思い知らされます。
月を見れば十五夜、冷えきる冬空はますます蒼く冴え渡り、春の足音は未だ遠く…

新年とはいうまでもなく年が新しくなる節目をさしております。新春と呼ぶのは年を春から順に数えるためで、冬の眠りから覚めて春を迎えるその門出を祝い新たな年の五穀豊穣と息災を願うのが、わが国の新年でした。

春は。

日の高さ、そして長さが、草木を目覚めさせるに至った頃にはじまります。つまり立春です。立春にいちばん近い朔(新月)の日を新しい年のはじまりとしていました。それは朔からはじまり次の朔までをひと月と数えていたことから来ています。闇から生まれて満ち輝きまた闇に還り行くという人の生死という侵すことのできない律動をを月の満ち欠けに重ねてのことです。

一年の十二ヶ月のはじめの月の初めの日、それは立春を迎える頃の朔日でありました。

私はこのブログで毎年この時期になると同じようなことを書いており、昔からの読者のみなさまはもう呆れておられるだろうと申し訳なく思っておりますが、今年も例のごとく書かせていただいております。
明治の「改暦」により本来の新年は祝うことがなくなりました。代わって目出度いとされるようになったのは西洋のグレコリオ暦の新年です。その昔の西洋では一年は十ヶ月のみ、農事の営まれない真冬の二ヶ月は暦も日付もありませんでした。その後にユリウスとアウグストスが自分の名前を残すため真夏にユリウス月とアウグストス月を捻じ込みました。そうして春のはじまりにあった第一月は後ろにはじき出されてしまい、真冬に一年をはじめることになったのです。目出度いでしょうか。

春の気配をいち早く知る梅の花は立春が近づくとほころび始めます。手折ればそこから枝が分かれ、ますます栄える梅は初春の知らせであるとともに目出度いものとして喜ばれました。毒にも薬にもなる梅の実の霊力もひろく認められていました。それが正月に梅を門扉に飾る由縁であります。

あと三日、梅の花がほころぶことはありません。町の正月飾りの梅の花は紙か樹脂製の造花、そうでなければ特殊な環境で育てられた花でしょう。温室でぬくぬくと育ち、ようやく花をつけた梅はとつぜん真冬の空の下に放り出されます。梅の花に情をうつしてものを言うのもおかしな話ですが、私たちは同じ仕打ちを人に、世の中にしてはいないでしょうか。



新年を祝う習慣のない国に来てからは年末の慌しさも正月気分からもすっかり縁遠くなりました。だからこそでもありますが、やはり今の時期に年末年始のご挨拶をこのブログから申し上げるのは憚られます。
しかし皆様がこの先も健やかに、心やすくお過ごしになることを願って止まぬ気持ちは変わらず、日本の国が少しでも良くなることを祈る気持ちは皆様とともに在ります。

2012年の更新はこれまで、次号は2013年を迎えてからになります。またのお越しを心からお待ちいたします。

あやみ

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://turezurebana2009.blog62.fc2.com/tb.php/106-c1a791d5

Comment

建岳

こんにちは。

October がなぜ8月でなく10月なのか?
子どもの頃、疑問であったことが、

大人になってから、ローマ帝国に興味を持ったことで解決しました!
JulyとAugustですね。


今年一年、大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

建岳 九拝
  • URL
  • 2012/12/30 15:04

あやみ


そろそろ除夜の鐘でしょうか。
こちらこそ、どうかよろしくお願いします。

あやみ
  • URL
  • 2012/12/31 17:58

みっちー

あやみさん、こんにちは。

今年もいろいろありましたね。
世間もそうだし、お互い自分のことも。

温かいコメントの数々、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。
よいお年を!
  • URL
  • 2012/12/31 20:48

あやみ

みっちーさん、こんにちは。

旧年はいろいろおありのようでしたね。みっちーさんの若さと熱さで突っ走っていらしたようですが…
じつはおせっかいとは思いつつも心配してました。仕事先が急に二つともなくなってしまったのは体を壊さないようにとの誰かの見えない「力」かもしれませんよ。ひょっとしたら、お父様の。

しっかり休養と充電をしてください。おでん屋さんは里帰りしたときの楽しみにしています。
ではでは。
  • URL
  • 2013/01/01 18:53

タイガ

文美 様

昨年はご訪問、嬉しいコメントありがとうございました。
物事の由来、本質を知ることはいかなる場合、分野においても大切ですね。感じ考えさせられるお話です。
『都立工芸高校 ものつくりの学校』の記事にも、色々と思うところがありました。
そして、いつも端正な文章は…ゆかしいお名前のとおりですね^^
またオジャマ致します。
今後とも宜しくお願い致します。
梅の花、より一層 好きになりました。ほころぶ季節に、本物の「春」を”愛でたい”と思います 大雅
  • URL
  • 2013/01/03 16:09

あやみ


大雅さま 

ようこそおいでくださいました。ありがたいお言葉、いたみいります。
奈良時代のころまでは花といえば桜ではなく梅だったそうです。暖房らしきものがなかった時代、春の訪れはさぞうれしかったと思われます。うれしいのは人ばかりではなく鳥や虫たちも同じこと、そして土から蛇がいよいよ這い出してくるのは梅が盛りを迎えた頃です。さて蛇年をむかえる日本はどうなることでしょう。

ものの本質を見出すには手を動かすことが一番だと思っています。大雅さんの印や書にはうわべの美しさだけでなく、その奥にある力を感じます。あらたな年もいっそうのご活躍をお祈りいたします。

また、おまちしております。

  • URL
  • 2013/01/04 06:47

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

書き手

ayamiaktas

Author:ayamiaktas
筆者 尾崎文美(おざきあやみ)
昭和45年 東京生まれ
既婚 在トルコ共和国

つれづれのかきこみ

さがしもの

こよひのつき

CURRENT MOON
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。