スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追記 アラブの春が大好きな方に言うことはもう無いが

前回の記事に寄せられたコメントをくまなくお読みになってくださる方々、またソーシャルメディアに対して何らかの疑いをお持ちになっていることを伝えてくださった方々が大勢いらっしゃるので短い投稿を以って続報を兼ね補足させていただきたい。



イスタンブールのゲズィ公園デモは、もとは環境破壊反対を名目としてはじめられた抗議集会だった。既存の公園の26本の木を切る、切らないを言い訳におきたプロパガンダであった。

問題の根底にはイスラム主義を掲げる現政権(エルドアン首相)と西欧化・世俗化を標榜する前政権の対立がある。前政権は「弾圧」という言葉を連発して現政権を挑発・牽制する。

前政権はひどい弾圧政権であった。たいした政治理念があったわけではないが自らを支持しない層は徹底的に排除された。婦女は髪をスカーフで隠すというイスラムの風習を「悪習の象徴」と設定し、髪を隠した女子は大学の入試すら認められなかった。大学に入りたければ髪を出せというのである。女子は海外で学ぶことを余儀なくされたか、泣く泣くスカーフを外したか、多くは進学をあきらめた。彼らのいう民主主義とはこの次元である。今もこの先も同じ次元である。まあ、民主主義などはそんなものかもしれないが。

イスラム主義を世界は快く思っていない。わかりもしないのに、である。

ある方からいただいたコメントに筆者がお返しした文章の要約を以下に貼り付けておく。「反イスラム製造法」および「目的」について。

――まず欧米はアフガニスタンに内側から干渉し「イスラム的独裁国家」の雛形として世界に発信した。つまりあそこも傀儡である。あまりにもひどいイスラム圧政、それを若者に見せることで反イスラム主義を植えつける。「世俗化しないとアフガニスタンになるよ~」と脅す。
社会が世俗化すると得をするのは「金融」である。彼らが標榜する「カネが全ての世の中」に宗教ほど、とくにイスラム教ほど煙たいものはない。なぜなら利息を取ることも払うことも禁忌だからである。中世からこの方、金融の仕組みが世界を痛めつけてきたことを考えていただければなぜ禁忌とされたかということはお分かりいただけるであろう。エルドアン首相が何年も格闘しているのは金融ロビーたちで、そのためにトルコ国内の金融業者と、それと深いつながりのある司法・医療・大学・メディア(つまり他人のふんどしで相撲を取って稼ぐ人たち)はこぞってデモを支援している。金融業者は大航海時代からグローバルなので世界中のメディアが「春」を応援するのは当然なのです。
デモ隊のおおくは裕福な家庭に育った子供たち、そして彼らを束ねているのは極左の運動家、中には人権・環境活動家の仮面をかぶり世界の暴動に首を突っ込む海外テロリストも顔を連ねている。
人権および環境団体は「きれいごと」を武器に世界に火種を撒き続ける糞虫である。もちろん金融業界の出先機関でしかなく、日本の反原発運動を複雑にしているのこの連中である。(例 アムネスティ、グリーンピース、シーシェパード他)――


五輪招致合戦が過熱しだした頃からいやな予感はしていた。

オリンピックはスポーツの祭典などと思ってはいけない。「代理戦争」である。国の威信を賭けて、でもとりあえず血を流さずに戦士たちを衝突させるのである。
しかし戦士たちは見えない血を流している。日本の柔道会の虐め、監督による暴行、ドーピング詐欺、女子選手の無月経症やホルモン異常。北京五輪の際のウイグル人暴動。
世界中から諜報員が集まりスパイ外交の天国となる。開催国はその緊張の代償として国際社会への入場券と海外からの投資、内需の拡大を約束されはするものの、それとは別に地価と物価の高騰や古き良き精神的財産がある形で失われてゆくというつり銭を渡すことになる。

日本における「トルコの春」支援は東京にオリンピックを招致したいという日本政府の了見が見え隠れしている。猪瀬馬鹿都知事の失言(というかアメリカにそう言わされたこと)もあるため慎重に行動しているようだが、日本としてはオリンピックをぜひとも招致し、かつてのオリンピック景気の再現を夢見ているようである。多くの国民の皆様もやぶさかではない筈だ。
しかし戦後のオリンピックと万博、それによる景気の向上は、あれは日本が自力で勝ち取ったものとだとでもお思いなのだろうか?核の傘の下でアメリカに握らされた飴でしかなかったことをまだ認めようとしないのだろうか?それとも、もっと飴がほしいのか?

西欧の腹の底はまた別のところにある。オリンピックは西欧社会のものであり、西欧のほかで行われることは気分がよくない。だから高く売りつける。機会を与えないのは民主主義に反する(らしい)のでいちおう立候補は認める。そして気を持たせておいたあとで言いがかりをつけ、罵詈雑言をあびせて招致権を剥奪するのである。または開催中に事件を起こして台無しにする。

トルコ現政権としてはオリンピックはべつにどうでもよい。面倒なのでできれば他の国に持っていってほしいが確かに投資は魅力であるし国民が望んでいるものを頭から否定するのはリーダーのすることではない。逆に招致を逃してしまうと野党の攻撃材料を与えてしまう。今度の騒乱を理由に候補地から外されれば現政権には怪我の功名ということにはなる。(デモを支援した野党のせいにできる)


煽りたい側の人間が何を言おうとデモは収束にむかっている。それを妨害しようと、ヨーロッパ議会はエルドアン政権を弾圧政権として批判、抗議文書の作成を決議した。トルコ政府は「そんな紙切れは受け取れねぇ」と、受理しないことを今朝表明している。

デモがはじまったのは5月31日だが、イスタンブールでは28日の時点でテレビ中継用の車両が海外メディアからレンタルされている。多くの海外記者がその前日までにトルコに入国している。そんなことはFBマニアたちは知らないし、知りたくも無いだろう。

火炎瓶と肉切り包丁を振り回し、商店に放火しガラスを割り、盗みすら働く反政府勢力に対して水と催涙ガス(トウガラシ水溶液)を使用することになにか問題があるだろうか。米国CNNはトルコ政府が化学兵器を使用していると報道している。そうしたければ自分の国ですればいいのであり、よその国で使っても、使わせても、使ったことにしてもいけない。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

エジプト: 軍によるクーデター 続報 その20 〜 抗議の金曜日 from 翻訳家 山岡朋子ファンクラブ初代会長の日記

  ⇒ エジプト: 軍によるクーデター 続報 その19 〜 同胞団による革命? 「米国はモルシ派説得を」=交渉優先示唆か―エジプト軍トップ  時事通信 8月4日(日)5時45分配信
  • 2013/08/04 20:44

Trackback URL

http://turezurebana2009.blog62.fc2.com/tb.php/122-c5aaeae9

Comment

ますた

万博と1984以降のオリンピック。この二つは自由貿易普及の重要なツールといいますか、自由貿易主義国となった事の一つのメルクマールに見えて成りません。そうした意味でも今回、イスタンブールがオリンピック開催の最重要候補になっている事は非常に意味深長に思えます。
  • URL
  • 2013/06/15 09:28

あやみ

ますたさま お言葉ありがとうございます。

オリンピックは古代ギリシアの「神事」の流れを汲むものです。
それは単に「オリンピックの起源」ということばでは感嘆には片付けられない重要な意味を持っています。
古代、弱肉強食の象徴ともいえるこの行事は、たった一人の勝者には神から栄誉をあたえられますが、残り全員は犠牲として命を捧げることを神は望みました。西洋画によって美しく描かれるギリシア神話の世界は血の犠牲を求める古代地母信仰を美化したものに過ぎないのです。それを近代になって再び呼び覚まし、「経済」という名の神のもとに世界から勇者が集まり戦います。西洋人はキリスト教徒を名乗っていますがギリシアの神々つまり地母神への信仰をじつは捨て切れていないのです。ローマ帝国はキリスト教を国教と認めた後、ありもしなかった三位一体論を生み出しました。この時点ですでに一神教宗教から脱落しているのです。彼らの残虐さは潜在的な地母信仰が影響しているのだと思います。

自由貿易、自由経済、これほど弱肉強食を煽る構造があるでしょうか。人は心を失い物質と変わらなくなりました。90年代にオリンピックと万博を開催したスペインをその前とあとに一度ずつ訪れているのですが、その人心の変わりようといったら言葉にできないほどでした。
  • URL
  • 2013/06/16 00:12

えるま

はじめまして。

以前、5年程トルコに住んでいた者です。美徳党時代にイスタンブル市長であったエルドアン氏には親近感を抱いておりました。ただ、今のエルドアン氏の資金力、メディア把握力をみると、金融ロビーと格闘しているというより、今は懐柔しているようにも思えます。

私はAKPが全てイスラム主義者の一枚岩とは思いません。また、貴女様が前政権までの共和国の政治史をアタテュルク主義者と総称するのもどこか奇異な印象を受けます。個人的にはCHP、ANAP、MHP等々、中道、左派、極右諸々を全てひっくるめてアタテュルクのアイコンで言い表すのも乱暴なゆえに、「世俗派」と大きくグルーピングしていると考えておりました。イスラム主義者とそれ以外の二項対立のもとに、今のトルコ政治を語るのは難しいと思いますが、いかがでしょうか。

正当で民主主義的方法で国内融和も教育改革も経済、外交上の成果もあげてきた、とエルドアン氏が胸をはるのも納得ができます。
ただ、裏を返せば、イスラムを旗印に数や組織力、資金力で圧倒して来た(と思われる)現政権に対し、反発する勢力がいたのも確かではないでしょうか。ボアジチ大の教授でしたか、多数派民主主義こそ、アメリカ的新自由主義者の常套手段であるとして、批判的に見ていましたね。

なにぶん、現地の人間ではないので、現状をよく知らないまま、的のはずれた意見とは思いますが、トルコウォッチャーの一人としてコメントさせていただきました。
  • URL
  • 2013/06/17 20:04

あやみ

えるまさま

貴重なコメントありがとうございます。
イスラム主義という言葉すら陳腐なのです。イスラームの教義はイスラム教国に生まれた者が成長するにつけて身に着けるものであることは、えるまさまも体感されたのではと存じます。それを「剣とクルアーン」に代表されるような言葉では語れるものではありません。

>前政権までの共和国の政治史をアタテュルク主義者と総称

しところで問題はありません。政党政治とは民主主義のシステム上仕方なく存在しているだけであり、各種イデオロギー同様に人間による手製の偶像です。AKPとて腐敗していく可能性はあるでしょう。
アタテュルクはいま国民が信じさせられているような人物(無心論者、共産主義者)ではありませんでした。戦場でも兵士のために礼拝所を作り自らもイスラームにそれなりの造詣があったことは学校ではけして教えられず、茶色であった髪と目は肖像画では金髪碧眼に塗り替えられています。つまり「西洋から来た自由の使者」を演じさせられています。それを「国父」と認定し、国の西欧属国の道を歩ませた勢力のイデオロギーをアタテュルク主義というわけであります。

国粋主義を武器に民族運動をあおるのがMHPです。本当の愛国者たちはBBPという新党を結成してそっちに流れましたがその党首も四年前に暗殺されました。ヘリで移動中に山中に墜落(撃墜)、連絡を受けた軍はわざと頓珍漢な場所に創作に行きました。
エルドアン首相以前にも立派な政治家はいました。みな投獄(エルバカン)、処刑(メンデレス)、暗殺(オザル)されています。それぞれ政党に所属していましたが近代政治では今のところ正当抜きでは政治ができない仕組みになっており、それは議論の対象にはならないのです。

トルコには眠った資金がありました。財閥、軍人、海外在住者の隠し財産、それを吐き出させIMFの借金を返すことから始めました。経済がまともに回転するための条件は負債がないことです。銀行融資などはもってのほかなのです。もちろんそんなことは経済学校では口が裂けても教えません。この考えを含めた全ての理念はイスラームに起因します。AKPの政治理念の路線はこういうものでありますが、今のところ「言ってもわからない」国民が多いので、首相もあまり大声では言いえず、ある部分は時間の流れに任せているようです。

私の記事が「変」なのは、イデオロギーを否定し、その中にも民主主義も含まれているからだと思います。過去記事にいくつかありますのでよろしかったらごらんください。以降の記事でもまた少しずつ書いていこうと思います。

もっと丁寧にお返事したかったのですが、いま少し立て込んでおりますのでご容赦ください。またいつでもお越しください。
ありがとうございました。
  • URL
  • 2013/06/18 04:37

すーさん

あやみさん、こんばんは^^

日本では55年体制が生まれる前後にも、内政干渉に対する
様々な運動が真剣に行われましたから、どこかそれと通じる
現代のトルコ事情を思い知らされている感じです。

火種を生み出すことによって意のままにしたい帝国主義的な
人間の欲望は、仰るようにギリシャに繋がる遠い昔からの
どうしようもなく愚かな人間の一面なのでしょうね。今迄に
一体どれだけの人が、無念のまま怨嗟の声となって闇に隠れて
いるのでしょう。陽に充ててあげなければ気の毒です。

僕はトルコの近代史に対しても殆ど無知ですが、あやみさんから
教わりながら、また考えを深めさせて頂いております。

一番気になるのは、考えの違いを暴力で終わらせようとする
行為そのものです。子供時代から多少の喧嘩をしていれば、
手加減を憶えますが、そうではない力の使い方は、ただの野蛮
にしか見えません。同じ土俵で相撲をとれば、お相子です。

子どもたちの手本になる大人、手本になる政治、個人的には
コスタリカなど好きですが、そんなことさえ出来ない複雑ないびつな
世の中なのだろうと思います。踊らされないで、楽しく踊りたい
ものです^^
  • URL
  • 2013/06/20 21:43
  • Edit

あやみ

すーさん おことばありがとうございます。お返事が遅くなりました。

世界各国にはそれぞれ独立した歴史があります。しかし近隣の国との接触があればそこで歴史の共有が起こります。ひとつしかない事実も立ち位置によって違う評価がなされる、それが「歴史認識の差異」などと呼ばれているものです。

しかし近代以降、世界はつながりました。それぞれの国に独立した近代史があるようで、実はそれらはひとつの目的にむけて設計された巨大建築の一部と考えていいのです。
世界の西側に資本主義帝国を構築し、東側は社会共産国、西欧寄りの反共の砦として日本とトルコが選ばれました。アフリカは労働力と資源の倉庫、南米は食料と麻薬の供給地帯、中近東は「弾薬庫」です。ここを刺激すればいつでも世界戦争が起こせる。この青写真をもとに世界の近代は細部に至るまで巧妙に作られたのです。早い話が八百長です。

>一番気になるのは、考えの違いを暴力で終わらせようとする 行為そのものです。

本当にそう思います。
さらに卑怯なのは、「考えの違い=イデオロギー」を生み出して民衆に植え付けた張張本人たちが「国際世論」の名をかたって正義を唱え、彼らを盲信する民衆を躍らせてお互いを傷つけ虐殺させている事実です。その張本人たちの手足となって働くのが国連やEU,WHO,NATO。IMFです。すべては学校で正義の味方と習う機構です。

  • URL
  • 2013/06/22 18:18

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

書き手

ayamiaktas

Author:ayamiaktas
筆者 尾崎文美(おざきあやみ)
昭和45年 東京生まれ
既婚 在トルコ共和国

つれづれのかきこみ

さがしもの

こよひのつき

CURRENT MOON
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。