ローマ法王狙撃事件の証人(2)

  • 2010/01/27 04:48
  • よりわけ: 世界
メフメット・アリ・アージャという男。
法王狙撃からさかのぼること二年、トルコ国内で別の狙撃事件の実行犯として検挙されている。
その検挙から六ヵ月後、服役中の刑務所から(外部の協力で)脱出しブルガリアに逃走した。

ローマ法王の狙撃はKGB(ソ連国家保安委員会)の画策で、その出先機関でしかないブルガリア政府が
陰謀の舞台となったのはその後明らかになった。では、メフメット・アリ・アージャ(以下アージャ)は
鉄砲玉に過ぎなかったのか。

ポーランドの民主化に影響力をもった法王、ヨハネ・パウロ二世は旧ソ連にとって脅威であった。
共産圏諸国の民主化(資本主義化)を阻む必要に駆られたソ連は陰謀の限りをつくす。
「宗教は麻薬」という名のもとに、「神の代理人」にすら刃を向けても「まかり通る」のがソ連だった。
KGBは終身刑で服役中の精神疾患を持った男、しかも共産主義者でないアージャに目をつけ
奪取して狙撃手として教育し計画を実行に移す。
ここまでが世間にしられた筋書きである。

アージャが関わったトルコ国内の狙撃事件に焦点をあてる。
標的は記者であり、フリーメーソンの会員でもあった。
メソニストの記者というだけで撃たれてしまうのであればフリーメーソンも商売ができない。
彼には撃たれるだけの事情があった。
知ってしまい、書いてしまったのだ。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://turezurebana2009.blog62.fc2.com/tb.php/16-a6b8a21c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

書き手

ayamiaktas

Author:ayamiaktas
筆者 尾崎文美(おざきあやみ)
昭和45年 東京生まれ
既婚 在トルコ共和国

つれづれのかきこみ

さがしもの

こよひのつき

CURRENT MOON