悪銭 身につかず

悪事や賭け事で儲けたカネなど役に立つどころかあれよという間に消えてゆく、そんなことを諭す諺や格言はそれこそ世界中にある。世の中を見渡せばたしかに悪銭は身につかず泡沫と帰すことは目に見えている。が、人々がこの諺に教訓を得ているかどうかはまた別のようである。



日本はかつて金持ちなどではなかった


兎に角よく働き、怠けることを嫌う。よいものを作ることに喜びを見出し試行錯誤を惜しまない。遠い国から見たことのないものが伝わるとわずか数年でそれ以上のものを自ら作ってしまう「目」と「手」を持っていた。勤勉にして利発、そして器用という日本人の気質は昨日今日のものではなく遠い先祖から受け継いだものである。しかしかつての日本人たちは心豊かな暮らしをしてはいたものの決して「金持ち」などではなく、少なくとも江戸時代までは西欧列強諸国からしてみれば「木と紙と藁の家に棲む」「裸同然の」「貧しき民」でしかなかった。



開国から戦後

幕末以降、海外に留学した者たちは口をそろえて日本の遅れを訴え、日本の国際社会への参入を標榜し技術や思想の輸入と移植に励んだ。それは日清・日露の戦勝をへてついに日本の手に届くものとなった。

しかし第二次大戦によって日本は焦土と化し大東亜共栄圏の盟主という肩書きは敗戦国に取って変わられた。多くの命が奪われ多くの物を失った。それでも日本人たちは日々の糧に事欠きながら皆で働き、そして働いた。日本人の作るものはたちまち世界中で重宝された。敗戦からたったの20年、オリンピックや万博を招致するに至ったことはここに記するまでもない。当時うわ言のように呟いた「西洋に追いつけ」は、その昔に「殖産興業」「富国強兵」などと言ったものの戦後版だろう。

貧しいながらも正直で働き者の夫婦が最後に大判小判を手に入れるという昔話を地で行った、それが日本の経済成長だった。



経済大国

勤勉な国民性が功を奏したか、ついこの間まで焼け野原に佇んでいた日本人はわずか半世紀で世界第二位の経済大国となるにまでに国を成長させた。筆者自身を含む多くの日本人は父母や祖父母が骨身を削って働き今日の繁栄を手にしたことを信じ、誇りに思う。そしてこれは事実でもある。


しかし。

常に世界一の経済大国を誇る某国の国民は我々のように勤勉ではない。どちらかというとその逆でおおむね怠惰、まともな機械部品ひとつ作れない。作ろうとしない。先に述べたように幕末までの日本人はまさに働き者であったが金持ちではなかったことを考え合わせると、どうやら金持ちと働き者とはさして関係のないものということになる。



日本はどうやって金持ちになったか

日本が占領されている頃の世界は「冷戦」の影に覆われていた。軍需産業の甘い蜜を忘れられない戦争屋たちが先進国の国土を焼かずに戦争するための秘策であった。1950年、日本のすぐ対岸で朝鮮戦争が勃発するとそこに国連軍として出兵したのは日本に在留していた占領軍だった。畢竟、占領下にあった日本は占領軍の受注を満たすための工業生産と輸送に勤しむことになる。朝鮮戦争に日本は無関係であったにしろそのことはあまり議論されず、むしろ外貨獲得の好機との受け入れ方が強かった。
特需の内訳は輸送(出兵や民間人の引き揚げ、物資、武器)や建設(国内の基地や滑走路などの軍用施設)、修理(飛行機、自動車)などの事業と、紡績品や鉄鋼資材・機関車等の輸出からなる。
戦後に武器の生産が禁止されたため当初は秘密裏に行われていた武器輸出も52年の法改正を期に制約がなくなり輸出高の多くを占めるようになった。銃器・戦車・船舶などを日本国内で製造し、輸出した。

雇用は増えドルやポンドが舞い込んだ。これを「特需景気」と呼ぶ。日本はこの朝鮮特需によって戦後復興のはじめの一歩を踏んだ。

日本製品がすぐさま歓迎されたわけではなかった。当時の日本人はまだ機械類を工場で大量に生産することに不慣れだったため最初は多くの不良品を出荷してしまった。そんなことをされて困るのは最前線で戦闘中の軍である。製品の水準を上げるために徹底した生産管理の枠組みを占領軍自らがつくり現場で厳しく指導した。
ここで日本は産業革命以来の欧米のお家芸である「大量生産」の運営・管理法を伝授されたことになる。明治維新による西欧化の不完全であった部分をこうして徐々に補填してゆく、その一例である。この秘術にわが国流の創意工夫を加え出来上がったものは今日の日本の工業の土台になった。

その後は我々が父母から聞いて知るところの高度経済成長期へと流れてゆく。



戦争ほど儲かる仕事はござんせん

「特需」という言葉を最初に使ったのは日本経済新聞だった。経済に重きを置く新聞ならではの論調でこの特需景気に期待をかけ歓迎している。他の大手新聞社もこれに追随し、世論は特需を、いや朝鮮での戦争を歓迎した。
戦後の日本をこの目で見た年代ではないが、その酷いありさまは家族たちから聞いて育った。ここにそれを記すのは憚られるため割愛するとして、とにかく一日も早く立ち直りたかったことであろうことは明らかである。しかし戦争の悲惨さを身に浸みて知っているはずの日本人が見出した活路はまた戦争だった。皮肉である。

日本の軍需工場で作られた銃が、戦車が、よその国で暴れまわり町と人を焼く。そのころ戦争の真の当事者たちの国ではそよ風がふいている。この構図に誰かが少しでも疑問を抱いたかどうかはもはや知る由もない。あったとしても新聞の作り出す世論はそれをたやすく掻き消したであろう。どの道、特需や戦争に後ろ指をさすことなどはGHQの検閲が見逃すわけがなかった。
朝鮮戦争のみならず、戦争になどひとかけらの道義も存在しない。国が別たれ人が引き裂かれるが、そんなことは戦争の儲けに比べれば些細なことと見向きもされない。



復興と戦争

この朝鮮特需によって日本は急速に復興の道を切り開いた。
朝鮮戦争は日本にとって偶然でしかないとし仮に起こらなかった場合の復興の遅れを数値によって検証した論文などが存在し、特需なしでの復興はあり得たのかという研究は広くなされている。しかし筆写がこの手の研究に興味を持てないのは、戦争をはじめから天災のような「偶然」に位置づけているという誤りの上で議論されているからだ。

戦争は仕方なく起こるものではなく誰かが意図的に起こすもの、この時期にこの地域で煙が立つことを望む輩がいたのだからそうなったに過ぎない。この日本列島が戦場となり朝鮮半島のような運命をたどっていたかもしれないことはよく知られている。「日本ではなく朝鮮で戦争が始まり」、「日本はその戦争特需によって復興し」、「高度経済成長を成し遂げ」、「占領国にいつまでも貢ぎ続ける」。そんな安手の脚本がハリウッドあたりで書かれていたのだろう。

占領国は非占領国の復興に責任がある。少なくとも20世紀以降は道義上そうである。
しかし「極東の大悪党」たる日本を立ち直らせるため国費を費やすことに占領国の国民が納得するわけもなく、復興させようにもその費用をどこからか捻り出す必要があった。そこでよくある話、占領国は朝鮮戦争の物資・武器弾薬を日本で調達する名目で日本に出資する。雇用の賃金と製品の対価によって潤った日本が自力で復興したということであれば批判は避けられる。

ただし当時の日本政府は敗戦国として膨大な占領経費を支払っていた。これは今の「思いやり予算」に近いもので、占領軍の生活費をふくむ諸経費を負担していた。この額は特需の総売り上げに匹敵、もちろん日本側に監査の権限はなかったので占領軍側の発表であるが、これは朝鮮戦争が日本の負担で行われたことを意味するという見方もできる。


「ものつくり」

日本は工芸の国でもある。狩猟と採取に明け暮れる太古から道具を作ることに長けていた。よりよい材料を得るために列島中を移動した。名もない職人の作る道具でも使い勝手と美しさを兼ね備えていた。我々はそんな先祖をもっている。日本人が物を作るときは必ずその「ものつくり」の血が騒ぐ。誰かの役に立つように、誰かに喜ばれるように、そう願いながら手を動かす。
そして戦後、明らかに今までと違う方法で物を作らされるようになった。それでも使う者の身になり役に立つよう喜ばれるよう精魂をこめた。
軍需工場で働いた者のなかには戦争で父や夫を失った女たちもあった。人を傷つける道具をその手で組み立てた彼女たちの心中や、いかに。


悪銭身につかず

戦争は悪事である。その悪事に加担して稼いだカネは悪銭である。そう考えるのならば特需でつかんだ好景気とそれを資本に発展した日本経済すべてを悪銭と罵り拒絶しなければならない。しかしその繁栄のなかで安穏に育った世代の人間にそうする資格はなく、さりとて「悪銭だろうがカネに変わりはない」と居直るのではもはやそれまでである。

悪銭で潤うことに呵責がないのであれば初めから騙して脅して奪えばよい。ならば働く必要などは何処にもない。国民に働く気力もなく、薬物中毒と肥満に悩む国が世界一の経済大国でいられるのは大して不思議な話ではないのだ。彼らとてそんな国を築きたかったのではなかった筈、ではなぜそうなったのか。悪銭が、そうさせたのか。

復興とともに家や学校が建てられ、昼夜を問わず皆が働き、病院も役所もできた。憲法が整い占領軍も引き上げた。大量生産技術を習得したため経済は加速し続ける。日本製品は嫌われながらもよく売れた。外交と防衛は「外注」してあるので商売に没頭できた。さらなる需要に追いつくために資源をつぎ込みまた加速、世界中の金融機関に義理を果たし、いつの間にやら原発だらけ、そして気がつけば家庭は冷え、教育の場からは悲鳴が、医療も行政も疑問だらけ、司法は乱れて地に落ちた。我々が築きたかった国はこれなのか、やはりあれは悪銭だったのか。


当時の日本人たちが占領国の書き下ろした脚本どおりに動くほか術がなかったのは仕方がない。忌むべきは当時の、そして今も変わることのない構造そのものである。我々に求められるのはのは、あたらしい生き方だ。

悪銭は身につかぬばかりでなくその身を穢す。悪銭と知っていようが知るまいが人と世を蝕む。増え続けたかと思えば人に穢れを残し忽然と消えうせる。そして人がそれに目を背けている以上、悪銭は回り続ける。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://turezurebana2009.blog62.fc2.com/tb.php/93-c0df7a42

Comment

akn

あやみさん
こんばんは。お邪魔します。
先日はご訪問ありがとうございました。

記事の内容にとても共感します。

日本が金持ちになったのは戦争がきっかけだということは
多くの人が忘れがちなことだと思います。

やっぱり

他人(他国)の戦争という不幸によってお金を得ても、
幸せにはなれない

ということでしょうか。

私は、今存在している「お金」というものは

奪い合うもの

であると思っています。

人間同士で奪い合い、戦争を起こしたり、
また、お金のために多くの生き物の命を奪い続けています。

その先に明るい未来は無いと思います。

とても素敵な、考えさせられる記事でした。
ありがとうございます。

ますた

 前略。
 そういえば、子供の頃、よく楽して儲けてはいけない、或は、金は本質的に汚いものだ、といった意味のことを年配の方に言われた記憶が有りますし。また、昭和、40年代以前は、そうした社会認識が残っていた様にも想えます。
 また、中世ヨーロッパの、オイゲン・シュピーゲルの逸話などでも、やはり、金貨は汚い物、という価値観があった様にも思えます。

 そして、古代から、貨幣経済が発達しすぎ富の分配が偏り過ぎると、(それこそ悪銭が蔓延ると)そのカウンターカルチャーとして、宗教、(キリスト教、イスラム教)、思想が、誕生してきた様にも想えます。

 そして、キャピタリズムが力を持った現代。如何なる、”あたらしい”、もの(実はそれは古いのかもしれませんが)が生まれるのでしょうか・・・・。

 いつも興味深く読ませていただいております。
  • URL
  • 2012/06/16 11:06

あやみ

aknさま 
コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすみません。

人はカネを目の前にすると思考が止まってしまいます。人としてなにが正しいかを考えられなくなるのです。日本は意図的に「カネ漬け」にされたのでしょう。

近世までの日本では、国民の殆どを占める農民たちにとって「コメ」が通貨そのものでした。苦労しなければ手に入らない、しかも欲を掻いてため込んでおくと虫が湧いてしまうというすばらしい通貨です。
しかし近代以降は西洋から紙幣経済を押し付けられました。これは権限のあるものの手で好きなだけ刷って増やせる、或いは突然価値をゼロ以下にまで落とすことができる。

そんな不実なものにしがみついているのです。「カネ」を、価値媒体として「認めない」ことからはじめてはどうか、などと考えています。

またお越しくださいね。
  • URL
  • 2012/06/16 15:21

あやみ

ますたさま
ようこそお越しくださいました。コメントありがとうございます。

やはり年配の方々はよくわかっていらしたのでしょうね。私にもそんなことを言ってもらった記憶がたくさん残っています。

朝鮮特需に対する負い目が当時なかったとは、日本人の気質から言っても考えにくいです。それを払拭しようと努めたのが経済効果を謳って日本人を鼓舞した世論だと思います。世論は当然GHQの肝いりでした。世論はさらに日本を「戦犯」に仕立てることで負い目の所在をすり替えたのだとも思うのです。(証拠はりませんが現代の日本人の頭の中身を逆に辿って考えた結果です。)

ますたさんはお店のお客様とこんなお話をせれているのですか?
またお寄りください。お待ちしてます。
  • URL
  • 2012/06/16 15:35

彼岸花さん

日本人は金の亡者になり果てたのでしょうか。
自社の経営のためにどうでもこうでも原発を動かしたい電力会社。
そこからの支援がないと選挙で勝てないからと、また天下りなどの
美味しい構造から、それを容認する政府・官僚、交付金欲しさに
福島の惨状を見ていながら再稼働を許し、さらに原発新設まで望む、立地県の住人達…
そういった腐敗構造に自ら加担して、ジャーナリズムの、学問の矜持を
かなぐり捨ててしまったマスコミと学会。
今回の原発事故は、そうした腐敗構造を白日のもとに曝し、
日本が再生するいい機会だったと思います。
アメリカに押しつけられた原子力政策でもあったと思います。
すべてを見直し考えなおすいい機会だった…

でも、日本人は、また、その居心地のいい腐敗のねどこに
潜り込もうとしています。いや、私には、さらにいろんなことが
悪くなった気がする。批判を受けて意固地になった原子力ムラの
人々は、開き直っていろいろなことを改悪し始めました。
原発の廃炉を40年でストップ、さえ甘い取り決めなのに、それにさらに
20年をつけ加えようとしたり、こそこそ陰で、言論の監視を強めようと
して居たり。改憲、金持ち優遇の消費税増税、・・・
これらを推進する人々は原発推進の人々とほぼ同じです。
一番悪いのは、今回の野田政権の強引な再稼働決定や消費税増税の決定の手法は、
政治に対する絶望を国民の間に産んだことです。
国民の声は届かないのか!政権のごく中枢の数人の馬鹿と、利権にどっぷり
浸ったこれまた数人の自治体や役人などの間で物事が決められ、
国民への約束などあっという間に反故にされてしまうのだ、という絶望です。
瀬戸内寂聴さん…戦前戦中戦後をずうっと見て来たひとが、
『こんなひどい時代を見たことがない!」と絞り出すような声でおっしゃって
いましたが、人間の希望や信頼、堅実な生き方…そんなものを奪ってしまった
ひどいひどい政治だと思います。

今日も私は、首相官邸前に行って、抗議の声を上げてこようと思っています。
…先週の金曜日は4万5千人…このように一般の民衆が声を上げ始めた
ことがわずかな救いです。

あやみさん。外からご覧になる冷静な目で、日本の行く末を見ていて
くださいね♪

 
  • URL
  • 2012/06/29 09:29
  • Edit

あやみ

彼岸花さんお言葉ありがとうございます。
永田町の様子を中継で見ていました。

どうもこのコメントフォームの調子がおかしく、ある種の言葉(hangenpatsu nado)を使うと不正コメントと認定されてしまうのです。なんか変です。

彼岸花さんに読んでもらいたいことは沢山あるのですがちょっと今日は無理なようです。後日あらためて。

お疲れになったことでしょう、どうかお気をつけてください。
  • URL
  • 2012/06/29 22:25

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

書き手

ayamiaktas

Author:ayamiaktas
筆者 尾崎文美(おざきあやみ)
昭和45年 東京生まれ
既婚 在トルコ共和国

つれづれのかきこみ

さがしもの

こよひのつき

CURRENT MOON